2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年夏の連続観察会⑤

5日目の観察会は欠席しました。
欠席しながら考えるのは、20センチ屈折の覗き難さです。
正立天頂プリズムを検討しています。
無理の無い姿勢で正立の視野が得られたら、次回の星空教室のテーマ「月」はより人の感覚に近づいて良いだろうと思う。
天文クラブにおいては月面図との照らし合わせに有効だし。

2013年夏の連続観察会④

四日目の観察会はあいにくの曇天でしたので、プラネタリウム投影会になりました。
が、お客さんはスタッフのお子様お二人様だけでした。

残念。

PR不足もあるだろうし、やっぱり望遠鏡で星でないとひきつけるものは無いかもしれない。
でもプラネタリウムも上手く使えばそれだけでお客さんを呼べるようになることだってできると思う。
ひきつける話し方はいつでもどこでも役に立つ。

とりあえずは、職員の方とプラネタリウム投影会の練習を一時間。

明日は荒天の予報なのでいくらなんでも中止だろうと思われる。

反省点を十分にいかしてよりよい連続観察会にしたい。
スタッフも徐々に増えて6名くらいになりそう。
それぞれがそれぞれの得意分野を生かして、それぞれのプログラムを計画実施できればいいなと思う。

2013年夏の連続観察会③

うっすらと雲が広がってはいますが、観察会三日目も望遠鏡を使いました。

アルビレオ、M57、M13などを案内しました。
土星も見えていたのですが、タッチの差で間に合いませんでした。
いつも思いますが、やはりリストを作っておくとスムーズかなと思います。

明日以降は天候不適の予報。

2013年夏の連続観察会②

一週間連続観察会の二回目に行ってきました。
約15名のお客さんにアルビレオをご覧いただきました。
他にもいろいろありますので、いろいろ見ていただけたら良かったと思っています。
平日の夜という貴重な時間を望遠鏡で星を見ようとお越しいただいているのですから、十二分に満足してお帰りいただきたいと思うのですが、、、。

やはり月、それもクレーターを期待されてこられたお客さんがいらっしゃいました。
非常に申し訳ないのですが、月はもうちょっとしないと出てきませんのです。
みなさんがお帰りになって、お休みになられる頃、月は東の空に昇ってくるのです。

次回はできたら月を見ていただけるタイミングで日程を設定できたらいいなと思います。


今日は、観察会の後にセンターの小型望遠鏡の星像テストをする予定でしたので、玄関先に6センチ屈折がずらりと並んでいました。
その中に見慣れない望遠鏡があるので、不思議に思い赤道儀をよく見てみるとEM10の文字。
EM10ってと思ってよく近づいて見てみるとTAKAHASHIの文字。
えらい高価な赤道儀だけどどうしたんだろうと思って、望遠鏡を見てみるとミザールの127ミリ短焦点屈折。
職員に聞いてみると寄付されたそうで。
寄付って・・・高価な赤道儀ですが・・・。
そんなことを思いながらドーム内で待機していると、寄付された方が来られました。
ほんとうにいただいても良いものかしつこく良く確かめてしまいました。
さらに、お子さん(大人の方です)も高校の名門地学部をご卒業ということで、スタッフにお誘いしました。
なんと来ていただけるお返事いただき、寄付いただいた望遠鏡以上に喜びました。

9時過ぎから小型望遠鏡の星像テスト。
いろいろパーツが欠けているので、足りないパーツを確かめながら、実際の星で確認していったところ、すべての望遠鏡が使用に耐えるだろうと判断しました。
他にも調べるべき望遠鏡もありますが、せっかくの機材を有効に使ってゆけるようにしっかり点検してゆきたいと思います。

2013年夏の連続観察会①

今年、彦根市子どもセンターでは、夏休み中の一週間、毎日望遠鏡での観察会があります。
8月26日月曜日から30日金曜日までの毎日夜8時から9時までです。

星が見えない時は、望遠鏡等の案内とプラネタリウムでの投影を行う予定です。
詳しくは直接子どもセンターにお問い合わせいただけたらと思います。

昨日はあいにくの曇天だったようですが、今日は晴れるでしょう。
月曜日は子どもセンターとなりの自然の家宿泊の子どもたち20名さんが来られたようです。

気温も湿度も数日前までとはずいぶんと違います。
厳しかった夏もそろそろおわりでしょうか。うれしいです。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Toru Nishikawa

Author:Toru Nishikawa
ゆるゆる星の会は滋賀県彦根市の星の会。2010年からゆるく活動しています。活動は主に観望会の手伝いなどなど。ゆるやかに愉しく、たくさんの方々を案内してゆきます。宇宙や星空をもっと知りたい人、望遠鏡や双眼鏡を使ってみたい人、などなど、だれでもいつでも入れます。人種、信条、性別、年齢、年収、社会的身分又は門地等一切不問!

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。